賃貸不動産を借りる

保証人無しの不動産契約

トップ / 保証人無しの不動産契約

不動産の登記事項の情報

不動産における保証会社の役割

不動産の賃貸のための契約を行う場合や購入のためにローンを組む場合に利用する保証会社というのは、連帯保証人を代行する会社で、家賃の不払いやローンの返済が困難になった場合などにおいて代位弁済を行います。契約を行う際に連帯保証人が必要となった場合、本来は連帯保証人になってもらえる人が見つからないと契約を行うことができませんが、保証会社を利用することで、連帯保証人が見つからない場合でも不動産の契約を行うことができるというメリットがあります。また、賃貸や融資を行う側にとっても、金銭的なリスクを抑えることができるというメリットがあります。

保証会社を利用するメリット

賃貸住宅を借りる際には不動産会社からは連帯保証人を立てるよう求められます。しかし親が年金暮らしなどで連帯保証人ができないなどで立てられない人もいます。このような場合保証会社と契約し、手数料を支払って連帯保証人になってもらうことができます。借り主にとっては連帯保証人がいなくても借りることができるというのがメリットですが、一方不動産会社などの貸す側にとってもメリットがあります。それは入居者が家賃を滞納しても保証会社が支払ってくれるので、家賃の回収の手間やコストがかからないということです。よって安定した家賃収入が見込めるようになります。