不動産のローンを組む

不動産ローンの審査とは

トップ / 不動産ローンの審査とは

不動産の登記事項の情報

不動産のローンの返済比率

土地や建物などの不動産を買う時には、現金よりもローンを組む事が多いですが、審査があります。まず、本人の年齢、勤続年数、年収、団体信用生命保険の加入の可否、担保物件があればその評価額などですがローンを組む時のポイントは、まず、自分の年収から「幾ら借りれるかより、幾ら返済が出来るのか」賢明でしょう。一年間の年収から、返済額の元金が幾らになるかという比率を返済比率といいますが、低いほど楽に返せるという訳です。不動産ローンの審査では、35%から40%が上限に設定されています。他に、車のローンなどの借金の返済額も含みます。

返済比率の計算の仕方

不動産や銀行への返済比率の計算の仕方ですが、融資の審査をまずクリアしないといけません。これは返済、年収の比率です。年間の返済額が年収の何%以内という目安です。年間の返済額をだすときに、現行の金利で計算しない事が多々あります。不動産や公庫等の公的融資は申し込み時の金利で比率を計算致します。今は低金利の時代なので、将来金利が上がった時の事を考えて現行金利よりも高い金利で計算するのです。ただ、返済比率以内だから、100%希望額が借入出来る訳ではないのです。あくまでも算出した額が申し込み出来る上限くらいに思ってた方が良いです。