マンションの防音

新築マンションなら防音

トップ / 新築マンションなら防音

不動産の登記事項の情報

マンションの生活音への配慮

マンションには中古と新築がありますが、新築のほうが最新の技術を取り入れていることが多いので居住性は高いことが多くなっております。古い建物の場合、壁やスラブのコンクリート厚が不十分なことが多く、生活音が隣接住戸に伝わってしまうことになるので、生活音に配慮した生活が必要になります。当然配慮をすることは必要ではありますが、新築マンションの場合、防音への配慮がしっかりとなされていることが多いので、中古の物件よりも気を使うことが少なくなるでしょう。新築のほうが近隣とのコミュニケーションもとりやすいといえるでしょう。

マンションの防犯対策

賃貸マンションは、入居者が自分で防犯対策を検討すべきです。賃貸物件への入居は、退去時の原状回復義務があるために、自由に工事を施工することができません。しかし取り外しが可能な設備機器類であれば、自由に設置することができます。防犯対策に重宝するのがインターホンです。玄関扉に設置されていない場合は、玄関扉の上部を利用して設置するタイプの防犯カメラを活用すると良いでしょう。玄関の扉に穴を開けることもなく、カメラに電源も通せます。マンションを退去するときは取り外して、新居でも活用することができます。