閉鎖された不動産

不動産の登記事項証明書

トップ

不動産の登記事項の情報

不動産登録での閉鎖事項証明書

不動産を取得しますと、法務局が発行します登記簿謄本に記載されますが、現在はコンピュータ化され登記事項証明書という呼び名に変わっています。何かの都合で、会社や個人の土地状況を把握したい場合や、倒産などで解散している土地や競売の最中で閉鎖されている土地の状況を把握しなければならないことがあります。そういった閉鎖されている土地の登記事項証明書を、閉鎖事項証明書といいます。倒産や解散のみでではなく、会社が移動し、一時手持の不動産を税務上の対策から閉鎖している場合もあり、その会社のこれまでの足跡を登記事項証明書や閉鎖事項証明書でたどることができます。

登記事項証明書と閉鎖事項証明書

法務局で取得できる不動産の登記事項証明書とは、土地や建物の所在、大きさ、現在の所有者等が記載された証明書です。以前は登記簿謄本と言われていましたが、現在はコンピューター化されています。これに対し、閉鎖事項証明書とはすでに取り壊され、滅失登記された建物や他の土地に合筆され、現存しない土地などについての証明書がこれにあたります。こちらも、以前は閉鎖登記簿といわれていたものがコンピューター化により、閉鎖事項証明書となったものです。これら、不動産に関する証明書は、所有者や司法書士等の専門家以外でも誰でも取得することができます。しかし、住所ではなく、地番や家屋番号をあらかじめ調べておく必要があります。